2017-02-02

雪山、というかスキー場装備

息子一号が週末塾のテストがないそうで…というわけで、久しぶりの家族旅行。

最初、冬キャンプを予定していたのですが、、、「寒い」、、、と却下を喰らい、じゃあ、何がいいんだ?と聞いたら「スキーに行きたい」んだそうな。

というわけで、奥様と、一号がスキー。二号は最初スクールにほうりこんで、そこで滑れるようになるなら、翌日はスキー、でなければ雪遊び。おいらは二号付き添い、という方向で。

いろいろそろえた装備のテストも兼ねて…


・帽子 ミズノ ブレスサーモ
・バラクラバ ミズノ ブレスサーモ
・ネックウォーマー ノーブランド フリース


・下着 アンダーアーマー コールドギア or バーグハウス メリノウール
・ミドル アンダーアーマー コールドギア or ノーブランド フリースシャツ
・インナーダウン ノースフェイス
・ダウン バーグハウス
・アウター ミズノ ゴアテックス(合羽)


・下履き ミズノ ブレスサーモ
・防水ズボン マーモット Fusion Dri Neo Pants


・靴下 ミズノ ブレスサーモ
・靴 ノースフェイス ヌプシ ウォータープルーフ


・ブレスサーモ 手袋
・アウトドライ 手袋
・ゴアテックス オーバーミトン

って感じですかね。スキーをする予定はないので、雪上でのんびりすごせるくらいの暖かさがキープできれば、と。

ああ、そうだ、防寒テムレスも持っていかねば…

2017-01-10

浦安海釣

新年2日。検見川浜突堤にて。これでシーズン3匹め。


8日には高洲公園前で40センチのフッコ。なんか釣れてないみたいで、偵察に来た方が、唯一釣れてます、と。常連からも、年始から初めて釣れた魚をみたとか、、、カレイ以外にもセイゴは釣れてて、小さいから大抵リリースしてるんだけどなぁ、、、

で、9日。今度は総合公園前。一瞬当りがあったように見えるが、反応続かず。なんだ、と思ってあげてみたら、穴子でした。これで浦安の海で3匹め。居るなぁ、とか思いつつ。



このサイズなら自力でさばけました。



今回は奥様のご要望で、天ぷらに。ふわとろで、とても美味しかったです。


まぁ、魚は居ないわけぢゃないよ、と言うことで、、、

2017-01-09

わかった!

よーく他と比較したら…

iqaudio-dac.c に対して、iqaudio-dacplus-overlay.dtsと、同じレベルのdtsが作られていた。

今回やってるのは

bcm2835-i2s.c(alsaドライバ)→rpi-dac.c(dacドライバ)

の形式で、sampling_rateとかがbcm2835-i2s.cで簡単に拾えているので、そちらに改造を行っていた(よその改造記事でもそこに手を入れていたので)…

これが、失敗だった…

実際修正していたdtsファイルはrpi-dac-overlay.dtsだったので、rpi-dac.c側にgpioの制御を持たせないといけなかった。
#もしくはbcm2835-i2sに対応したdtsファイルを作らないといけなかった(これが正しいやり方かは、微妙な気がするが)

というわけで、bcm2835-i2s.cに乗せていた修正を、全部rpi-dac.c側にうつしたら、あっさり動きました。
(1) probe で、dtsファイルのgpioポートを探して、静的変数に保持する。
(2) hw_paramsで、sampling_rateを識別し、それに合わせて gpioポートの値を変える。

ようやく、linuxのデバイスツリー周りの初歩が理解できました。長かった…日本語のWeb上の解説がほとんど無くて苦戦しました。

何かが違った…

arch/arm/boot/dts/overlays/iqaudio-dacplus-overlay.dts
とか
arch/arm/boot/dts/overlays/hifiberry-digi-pro-overlay.dts
を参考に

fragment@2 {
target = <&sound>;
__overlay__ {
compatible = "rpi,rpi-dac";
i2s-controller = <&i2s>;
status = "okay";
};
};


reset-gpio = <&gpio 16 0> ;
とかを記述追加

で、
sound/soc/bcm/iqaudio-dac.c

sound/soc/bcm/hifiberry_digi.c
を参考に

probe関数の中で
devm_gpiod_get(&pdev->dev, "reset", GPIOD_OUT_LOW);
を使って、resetのgpioの情報を読みだそうとするが、-2でエラー。

なぜ引っ張れないんだろう、と思案中。

エラー値は、 -ENOENT (=-2) つまり、「ファイルまたはディレクトリが存在しません。」

要するに、"reset" で、dtsの中の情報を引っ張ろうとしてるが、引っ張れません、というところか…

ソースをみていくと
http://lxr.free-electrons.com/source/drivers/gpio/gpiolib.c#L3194
このあたり、__must_check gpiod_get_indexの中で

デバイスツリーか、ACPIでの検索をして、なかったら、gpiod_findして、それでもなかったら、上記エラーを返している、と。

dtsに書いている時点でデバイスツリーを使っているはずだが…

んー、よく見比べると

if (pdev->dev.of_node) {

の内側、

i2s_node = of_parse_phandle(pdev->dev.of_node, "i2s-controller", 0);

のコールがすんでからのみ、呼んでるようにみえるな…ちょっとそっちの方向で試してみるか…

2017-01-07

浦安海釣

12月に入って、カレイをもう1匹ゲット。場所は、高洲公園前。
今年はフッコが渋いですね、あんまり釣れません。

1月2日に検見川浜の突堤で、他の人とは違い中に向けて投げていて、カレイをゲット。これで今シーズン3枚。

1月7日に高洲公園前で40cmのフッコ。なんか、原付で来た方に「お!釣れてる人を初めてみた」とか言われた。んー、一応それなりに釣ってるんだけどなぁ…
帰りに常連のおっちゃんに遭ったら「を、やっぱり魚いるぢゃん」って…年始以降で初めてみた魚だったらしい。んー、えー…

この時期、バチ抜けなので、高洲公園前なら適切なところに適切な時間に投げ込んでいれば、たいてい釣れます。岸から80mくらいのところを狙って…

検見川浜の突堤で、ヒイカが釣れているのをみて、浦安でも釣れんかなぁ、と思案中。そのうちいろいろやってみる予定です。寒いからくじけるかもしれませんが…

作業メモ

Raspberry Pi を使い、外部クロック同期で、SPDIFを出す基板に対応するために、いろいろとカーネルに手を入れたのでそのメモ残し。

・環境
 Raspberry Pi 3
 Raspbian OS
 mpd

Volumioでやろうかとも思ったのですが、エディタすら入ってなかったのであきらめました。
Raspbian OS を GitHub から持ってきて、カーネルを一度ビルドかけておきます。
放熱しないと、時々熱で処理速度が落ちるので、その際は息を吹きかけて、とかやってると1時間ちょっとくらいでビルドが終わります。
ビルドが終わったら、カーネル差し替えて、動くよね、と確認しておきます。
#ここらの手順は、Raspberry Pi のサイトにあります。

・ドライバの組み込み。
bcm2835-i2s と、Rpi-dac およびpcm1794a-hifiの組み合わせで利用。
/boot/config.txt にどいつを組み込むかが書いてあるので、そこに rpi-dac を記述。
参考
rebootかけて、lsmodすると、rpi-dac周りが入ってるはず。入ってなければ rmmod とかで不要なドライバを抜いて、insmod でrpi-dacとかを入れておく。

・ドライバの改造
GPIOでいろいろ情報を渡す(サンプルレートとか)ので、それができるように設定する必要がある。
カーネルビルドを行った環境で、以下を参照。
linux/arch/arm/boot/dts/overlays/rpi-dac-overlay.dts
fragment@2 {
target = <&sound>;
__overlay__ {
compatible = "rpi,rpi-dac";
i2s-controller = <&i2s>;
status = "okay";
};
};
この _overlay_ の内側に、gpioの識別名-gpio = <&gpio ポート番号 値> ; とかいう形で記述しておくと、後ほどドライバからこの設定を読み込んで、指定のgpioの値の書き換えが可能となる。これが最初どこにあるかさっぱりわからなかった…

ここにgpioの設定を書き込んだ後に、linux/sound/soc/bcm/bcm2835-i2s.cを書き換える。

bcm2835_i2s_probeの中で、devm_gpiod_get を使って、上記の「gpioの識別名」に対応する情報が得られる。この情報を使って、gpiod_set_value_cansleepで値をセットすると、きちんと反映されるようになった。

後はスレーブモードになるように設定値を変えれば、大体終了。

カーネルをビルドしなおして、差し替えをしてrebootすれば、これらの設定が生きるようになるはず。

あとは、mpd入れて、適当なファイルを再生すれば、きちんと鳴ることが確認できました。

gpioの設定を理解するまでが長かった…判りやすく解説している情報がなかったので、clock44 という文字列で、カーネル中をすべて検索してよーやく…

2016-12-09

防寒アイテム

や、ブレスサーモのバラクラバとか、いろいろ暖かい防寒アイテムは持っているのですが…

RYOBI ソーラーキャップと併せて使おうと思うといまいち使いにくい。
このソーラーキャップ自体が防寒しててくれれば文句はないんですが、どうも夏場の使用を考えられているようで、メッシュ地は冬場にはきびしー。

ヘッドランプは、邪魔だし、なんか良い手はないかなぁ、と思案してて思いつきました。

昨年、これが値下がりしたら買うんだけどな、と思ってた製品。

フードウォーマー BELLHOOD

要するに、フードを追加するアイテム。ネックウォーマーにもなるし、ソーラーキャップの上からフードとしても扱える。こりは便利。

というわけで、今年もまだ値下げ価格にはなっていなかったのですが、気に入ったデザインのを即購入してしまったのでした。

浦安海釣 絶好調?

そろそろそんな時期かー、ということで42センチのフッコ君がぶっこみ竿にあたりはじめました。


まぁ、これは特筆すべきことでもないんですが…この時期浦安の海岸から80m前後投げられる人なら普通に釣れるし…

問題はこいつですね


全身写真撮るまえにさばいてしまったので、アレですが、60cmオーバーのアナゴ…まるまると太ってて、最初なんだこれ?と思うくらいの姿でした。

地元の常連に話を聞いたら
・もうかなり昔に、三番瀬側でゴールデンウィークにぶっこみしてると、そのシーズンに数匹かかっていた。
・ずっとぶっこみで釣ってるが、釣れたって話は聞いたことがない。

んー、今年2匹目なわけですが…


前回釣ったとき、自宅のまな板には乗らなくて、さばくのが超大変だったんです、とか言ってたら、常連さんの中で板前さんの方が、さばいてやるよ、と…活〆用の切れないナイフつかって、そこらに転がっていた板できれいにさばいてくれました。すげー、プロ、すげー。


皮の真裏に串打ってかば焼きにしたら、奥様がにこにこしながら食べていました。


息子どもは、骨せんべいですね。あっという間になくなりました。

いやぁ、いいですね、地物のアナゴは!次いつ釣れるんだ?って話はありますが…

帯に短し、襷になんとやら

キーボードを打つことが仕事なので、指先のケアには気を使います。特に冬場は、指先が荒れることも多く、クリームつけたり、手袋着用したり、もう大変です。

そういう事情から、秋口あたりから手袋に目が行きます。今年はどんなのを着用しようかと思案しつつ。

今年の事情で昨年から一番変わったのは、傘をささなくなったことです。もう1年以上傘をささずに生活しています。代わりに、レインコート(GORE-TEXとか新素材とか)を着用し、それにあった防水透湿の靴や、手袋を装備するようになりました。今年の手袋選びは、この観点が追加されています。

いままでの一番のお気に入りは、スイス・アーミーの革手袋。ショップで一目惚れして、即買って、もう何年も使っています。雨さえ降らなければ、これがベストです。しかし、経年変化もあり、だんだんと中のニット地が指先から離れたり、してきて、ちょっと快適性が薄れています。ちょっとメンテするかなぁ、とか思いつつ。



今年まず導入したのが、モンベルのアウトドライの手袋です。オーバーグローブで、そのままだと薄い生地で、雨の時に役立ち、中に暖かい手袋をすれば暖かく、との目論見でした。たしかに悪くはないのですが、冬場に使ってみたら、割りと寒くて…困ったな…というところから話は始まります。



モンベルのアウトドライグラブのインナーには、ブレスサーモの手袋を装着しているのですが、寒い…指の間に風が通るのが最大の難点ですかねぇ…



風が防げれば十分なのでは?と考え、UnderArmorのStorm手袋を買って試してみました。暖かい日ならいいのですが、ちょっと気温が下がるとやっぱり寒いです…風ではなく、5本指形状が問題だとわかりました。



とかやってたら、手袋を忘れた日にすごく寒い思いをしたので、出張先でブレスサーモを調達しました。前のと違って、タッチパネルが操作できるらしいです。



こいつ用のオーバーグローブ(タッチパネル操作できるタイプ)がほしくなって、Mountaion Equipment のアウトドライの手袋を再度…これも寒いですね…



5本指型が問題なんだろう、と考えて、ミトン型の導入を考えます。そこらに売ってるミトン型は、どれもスキー用で分厚くて、暖かそうですがとても普段使いする気になれません…なんかないかなー、と眺めていたら、ブレスサーモのゴルフ用のミトンがありました。即導入です。
これはヒットでした。*とても*暖かい。インナーで適当な手袋をして、アウターにこれをするだけで、手に汗がかけました。問題は、雨に弱いことと、手触りがふわふわしすぎて通勤で使うには心もとないことです。ゴルフ場で、クラブ以外握らないならいいんでしょうけど…



それぢゃぁ、防水透湿のミトンがあればいいぢゃないか、ということで、GORE-TEXのミトンを買った、つもりだったんですが、なぜか届いたのはテラノバ製GORE Windstopperの防風手袋でした。まぁ、値段的にゴアの値段ぢゃないよなぁ、と思って注文してたので、アレですが…これ自体は、グリップ力とかが他よりもはるかによくて、気にいりました。でも寒い…



ミトンミトン、と考えながら、幕張のアウトレットパークで探していたら、モンベルのミトンのアウトレット品を見つけました。雨には対応できないが、普段使いならこれでよさそうです。ためしに、インナー手袋装備して装着してみたら、暖かかったです。生地もしっかりしているので使いやすそう…問題は、フックが何もついていない(なぜだー)ので、ひっかけておくことができないこと。まぁ、ポケットにいれておけばいいんですが…



番外。釣り用に使っている手袋。ゴムで半身を覆った軍手ですね。指先の感触が素手に近いので、これからの季節、手袋はずしたくない、シーンで役立つ予定です。



結局のところ、オーバーグローブでゴアの品は、国内ではうまく入手できず(高いんですもの)ebayで検索かけたら、運よくXLサイズのが英国のショップで売っていたので、それを購入(テラノバのGore-Texミトン)。現在空輸中です。これが、冬場の雨の際に役立つんだろうなぁ、と思いつつ。

(1)冬以外の普段:なし
(2)冬以外の雨:モンベルのアウトドライン品か、Mountain Equipmentのアウトドライン品
(3)冬場の普段:ミズノかモンベルのミトンと、ミズノのインナー用ブレスサーモ
(4)冬場の雨:テラノバのミトンと、インナー
(5)登山時:テラノバのウィンドストッパー

って感じですかね…

2016-11-27

冬場のシステム変更。

ここんところ、アカエイが4匹もつれて、そのたびに竿立て倒されて(高洲前でも、竿もっていかれるのがいやなので竿立て使用)竿が放り出されることが多かったので、一念発起、ドラグ付きのリールをそろえる気に…

投げ竿系の普段使いは、ドラグレスのリール、スーパーエアロ スィングキャストやら、スピンジョイでやってるんですが、置き竿で、この時期だとアカエイが怖い。

というわけで…

旧システム
・プライムキャスター 30-425 スーパーエアロ スィングキャスト
・プライムキャスター 30-425 スーパーエアロ スィングキャスト
・プライムサーフ 27-405 ウィンドキャスト 4000QD (ドラグ付き)
・エクストラサーフ 27-425 ウィンドキャスト 4000QD(ドラグ付き)
・インプレッサ磯 5号 スーパーエアロ スピンジョイ
・プレッサドライ 4号 スーパーエアロ スピンジョイ
・インプレッサ磯 3号 カルディア 3520PE(ドラグ付き)
・磯遠投EV 3号(6.2m) フリームス 3520PE(ドラグ付き)

竿が多いのは、短時間(4時~8時)に餌を使い切るため。

新システム
・プライムキャスター 30-425 パワーエアロ スピンジョイ(ドラグ付き)
・プライムキャスター 30-425 パワーエアロ スピンジョイ(ドラグ付き)
・プライムサーフ 27-405 ウィンドキャスト 4000QD (ドラグ付き)
・エクストラサーフ 27-425 ウィンドキャスト 4000QD(ドラグ付き)
・インプレッサ磯 5号 カルディア 3520PE(ドラグ付き)
・プレッサドライ 4号 フリームス 3520PE(ドラグ付き)
・インプレッサ磯 3号 アルテグラ 3000HG(ドラグ付き)
・磯遠投EV 3号(6.2m) アルテグラ 3000SD(ドラグ付き)

これで安心していけるかな、と。

もともと、大多数は持っていたので、今回パワーエアロだけ中古で追加調達。4000QDを2つ買い足すことも考えたが、予算が許さなかった…orz

竿折れた…

11/27 早朝雨だろ、と思って、4時に起きて、寝てたら…あれ、雨ぢゃない…ってことで7時前から出撃。

餌が余ってるし、ということで。

高洲公園前へいったら、誰もおらず…あっれー…よく早朝から来てる人も、雨で見送ったのかしら…

準備して投げ始めたら…

4年前に中古で買った、エクストラサーフ 27-425の穂先が準備中にぽっきりと…疲労で折れたんですかねぇ…
以前に、プライムサーフ 27-405の穂先も同じ位置で折れたことが(帰宅後にみたら、同じ位置にひび割れの前兆がありました)。

気に入ってる竿なので、#1プランクは発注。1週間くらいかかるかなぁ…

修理しておくか、ということで、折れた穂先を切りなおして、紙やすりで削って細くして、トップガイド挿入して、エポキシで折れたあたりもカバーするように、補強して終了。

後、折れたことがあるのは、インプレッサ磯遠投の3号竿、#2が投げてる最中にぽっきり、くらいかな。

延々と使えるかと思ってましたが、順次劣化していくんだなぁ、ということで…

浦安海釣 遂に、遂に!

ずーっと、坊主が続いていた海釣りですが、よーやく…

11月19日、ハゼ2匹と、アカエイ(座布団サイズ、よく寄せられたな)
11月20日、アカエイ2匹と…キビレ1匹(42cm)


11月26日、アイナメ1匹(39cm)


カレイ1匹(35cm)


アイナメは、10cmくらいのを釣ったときから、ずーっと追いかけていた奴。きっとどこかに居る、と思ってたら、やっぱり居ました。高洲公園の岸から100mくらい先の岩礁でしたが…

カレイとキビレは墓地公園の前。同じくらいのポイント。死ぬほど海藻がついてくるポイントで、少しよけたらキビレが、真っ只中に放り込んだら、海藻の山が釣れた、と思って、テトラに降りて、錘を吊り上げたら、カレイがついててびっくりしました…

ともあれ、爆釣、という感じでした、この2週間。

カレイは釣れたら、あれこれ聞きに来る方がいらしたんですが、岸から100mくらい、30号の錘を投げれば(まぁ、サーフ投げ釣りなら普通の仕掛けで、より短い距離)といったら、去っていかれました。錘を地面に置ければ楽だが、アスファルトで針やら錘やらが引っかかるので、それを避けようと思うと、どうしてもオーバーヘッドになるんですよね…なので、システム(竿、道糸)が重要。

ともあれ、魚は居るぜー、居るところには、という感じなのでした。

2016-10-11

D-DAY:3月12日

MJフェスティバルの日程が3月12日に決まったよ、と連絡あり。

そして、アレがようやく世に出るよ、というお話が…

ながかった…本当にながかった…もうだめかとおもってました。

今のところはこのくらいで、だんだんと情報出せていくと思いますので、ご期待ください。

アレ、って…アレですよ…某○イ○ゾ○レ○ヤー

浦安 サヨリ釣り

三連休、毎日釣りに出てましたが、いやぁ、釣れない。どこいった、おさかな、って感じで…

常連さんに聞いても、5人で午前中いっぱいやって、サヨリが1匹だけとか、そんな状況らしく…ぶっこみもまともに釣れず…困った。

まぁ、それでも餌がある限り釣るわけですが…ってやってたら、三連休最後の1日、ぶっこみの竿は全部たたんで、サヨリの竿もたたむか、餌も捨ててと、ってやったとこで、1匹ゲット。散歩してる人によると、20人くらいいる釣り人だれも釣れてなかったよ、とか、きっついですねぇ…

昨年の釣れいきに期待してサヨリやってる人いっぱいいらっしゃいますが、今年は渋いですよぉ…

筑波山のぼってきました

10/9 朝から天気が冴えなかったが、息子1号に聞いたら「登山してみたい」とのことだったので計画。

もともとは電車で高尾山の予定だったが、浦安は大雨で、雨具(合羽)出して、バス乗って、しまって、とかいやだなぁ、というわけで、車で出かけることに。で、高尾山方面の高速チェックしたら…「渋滞」…うへぇ。帰りも渋滞が予想されるので、速攻あきらめ。鋸山も考えたが、昼過ぎまで雨が残るだろうから、こっちも微妙。となると北へ、ってことで、筑波山。高速も空いてるし、昼過ぎには雨がやむようなのでちょうど良いかなと。

ナビ任せで走ってたら、最初に駐車場を目的地に登録した時に、「直接の目的地が示せないので近所示しますね」と。これが失敗で、ナビの目的地についたら、何もない!?なんだこりゃ、と調べなおしたら、そこから10分くらい先でした。やばいやばい。

駐車場について、のぼりはじめるか、と思ったら、「腹減った」と。しょうがないな、ってことで、店員さん以外誰もいない食堂で、カレーライスを2つ。

食べ終わってのぼりはじめたら最初の階段状のところを20段も登らないうちに息子一号が「疲れた、帰る」と。まてや…。ちなみに、息子二号はノリノリで、すごいスピードで登っていく。奥様は、ポケモン捕獲に忙しく…ばらばらにw

最初の15分、有酸素運動にうつるまでがきついので、なだめすかしながら、息子一号を登らせる。2歩登っては休み、3歩登っては止まりを繰り返しつつ。最初になだらかなあたりに出たところで、気分が出てきたようで、あとはまぁなんとか。ほっと一息。


さすがに降雨後で、どろどろだわ、岩場は結構滑るわ、で大変でしたが、2時間くらいでつつじが丘から女体山へ登り切り。標準が80分くらいなので、運動してない息子一号としては上々かな。

終盤、ぶーぶー言ってましたが、登り切って景色をみたら、疲れも吹き飛んだようです。


ちなみに、息子二号は、頂上についたら、怖い怖いと大騒ぎでした。登るのは平気だったのにねぇ…

さすがに、男体山まで行く元気はないようだったので、そこからケーブルカーでつつじヶ丘へ撤収。


楽しい休日でした。筑波山くらいなら、すいすい登れるな、という自分の体力確認にもなったかな、と。